診療予約

かづのファミリークリニック

お問い合わせ電話番号
2024/06/26

あせもの解説

どんな病気?

汗をかくことによって起きる様々な皮膚のトラブルです。一口にあせもといっても実は色々な病気が混在してます。かゆみを伴うことが多いです。

汗にはエクリン汗腺から分泌されるものと、アポクリン汗腺から分泌されるものがあります。アポクリン汗腺はいわゆるワキガの原因になるので有名ですね。一般的にあせもはエクリン汗腺のあるところに生じます。

細かく分けるとあせも(汗疹)には炎症のない水晶性汗疹、発赤のある紅色汗疹、やや深いところで汗が詰まる深在性汗疹の3つがあります。そして実は、ここにあげた「ただのあせも」はほとんど無症状で、数日すると治ってしまいます。なかなか治らず外来にいらっしゃる患者さんのほとんどは、汗疹に加えて接触皮膚炎などを合併していると考えられます。

どうやって治療する?

純粋なただのあせも(汗疹)であれば、治療は不要です。汗をこまめに拭いて下着もこまめに替えていれば、自然に数日で治るはずです。なかなか治らない時は接触皮膚炎や汗疱、異汗性湿疹といった炎症を合併していますので、弱〜中等度の強さのステロイド外用剤を塗布して治します。かゆみがひどくて治りが悪い時は、積極的にステロイドを塗った方がよいでしょう。

発症予防のために吸水クリーム、カラミンローションといった古くから使われている皮膚保護剤も有効です。これらはいずれもクリニックで処方できますので、しょっちゅう汗疹を繰り返す時は、受診することをお勧めします。酷暑の時期はエアコンをうまく使って、汗をかきすぎないようにするのも有効です。

カテゴリー
  • おしらせアイコンおしらせ (36)
  • おしらせアイコンブログ (12)
  • 新着記事